ライセンス管理 - しくみ

ライセンス管理について

管理のしくみ

Binah.aiが提供するSDK V3パッケージには、一意のライセンスキーとプロダクトIDが含まれています。

プロダクトIDの形式:XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX

ライセンスキーの形式:XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX

プロダクトIDはSDKとの交信に使用します。

ライセンスキーは新しいデバイスのアクティベーションに使用します。

値はどちらもアプリケーション層に統合され、アクティベーション処理に参加します。これらの値が存在しなかったり、有効期限が切れたりしている場合、メインコアはアクティベーションされません。

アプリケーションを初めてアクティベーションする際に、該当デバイスから一意の識別子がライセンスサービスに送信され、アクティベーションカウンターが「1」つ増えます。

アクティベーションカウンターが上限に達すると、SDKを追加のデバイスで動作させることができなくなります。

有効期限を過ぎたユーザーのデバイスではSDKは動作しません。

アクティベーションにはインターネット接続が必要ですか?

はい。

  • アクティベーションの際に新規デバイスの検証とSDKの設定を行います。このためインターネット接続が必要です。
  • また、SDKは4日ごとにライセンスサービスと同期を行います。

どの層でデバイスをアクティベーションしますか?

SDK層がインターネット接続、新規デバイスのアクティベーション、4日ごとにデバイスを処理します。

アクティベーションは1回だけですか?

新規デバイスのアクティベーションは1回のみ行われます。また、すべてのデバイスは4日ごとにライセンスサービスと同期を行い、当社のライセンスサービスとご利用のSDK機能との整合性が保ちます。

有効期限を過ぎるとどうなりますか?

SDKによって定期的に契約の有効期限がチェックされます。ライセンスの有効期限が切れると、SDKがデバイス上で動作しなくなります。

現在のライセンス状況を知るにはどうすればいいですか?

契約時に取得した認証情報を使用して、当社のライセンスサービスダッシュボードにログインして確認できます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

データ / ストレージ / サービスの詳細

サービスはどこでホストされていますか?

サービスはAWS上でホストされ、ビナーが管理しています。

SDKが転送するデータを教えてください

SDKを利用する際にデバイスから一部データを収集します。これらのデータはライセンス検証やアクセス制御にのみに利用されます。

Binah.aiライセンスサービスのデータをビナーが使用することはありません。また、重要な情報を収集することもありません。

特定ライセンスの不正利用を調査するために、Binah.aiライセンスサービスを使用しています。

次のデータを収集します。

  • トークン (HashRSA256) - 当社APIにアクセスするためのアクセストークン。
  • ホスト名 - デバイスモデル
  • 「android」または「ios」の文字列 - SDKの使用デバイス (AndroidまたはiOS) の判別フラグ
  • SDKバージョン (例:3.0.5) - 利用中のSDKバージョン
  • ユーザーハッシュ - 既定では「user」に設定
  • ライセンスキー - SDKにアクセスするためのライセンスキー
  • プロダクトID - ユーザーがアクセスを要求している製品のID

上記はすべてのSDKに当てはまります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。