Best Practices - How to take a measurement_JP

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
この記事は測定を取る際のベストプラクティスを説明します
デバイスの過熱を防ぐため、測定と測定の間隔を3分間空けてください。

 

rPPG - フェイススキャン

バイタルサインを正確に読み取るには、以下の手順に従ってください。

デバイス

  • バッテリーのレベルが20%以上あり、節電モードでないことを確認してください。
  • カメラのレンズがクリーンで傷がないことを確認してください。
  • 顔から約30センチ離してデバイスをスタンドの上に置いてください。
  • 額の高さより上にデバイスを置き、カメラが被験者に対面しているようにします。

被験者

  • 測定中はじっと座っていてください。
  • 顔全体が露出していることを確認し、髪の毛やアクセサリー(例:マスク、サングラス、帽子)で隠れていないことを確実にしてください。
  • 測定中はずっと動いたり話したりしないようにし、測定が完了するまで画面に集中し続けてください。

環境条件

  • 背後に光源がないことをお確かめください。
  • カメラもフレームのエリアも直接陽光に露出していないことを確認してください。
  • 背後や周辺にいる他者の動きを避けてください。
  • 鏡、ガラスの窓、テーブルなど反射性の高い物体を周辺エリアに置くのを避けてください。
  • 冷光 (4500ケルビン以上) で、単色性でない光源が理想です。
  • 室内光は均一に広がっているものとし、最低400ルクスのレベルの照明が被験者の顔を照明しています。

 

Screen_Shot_2022-01-27_at_20.16.10.png

  •  

PPG - フィンガースキャン

指 (PPG) モードを使用する際の推奨事項は次の通りです。

デバイス

  • バッテリーのレベルが20%以上あり、節電モードでないことを確認してください。
  • カメラのレンズがクリーンで傷がないことを確認してください。
  • 測定中はずっとモバイルデバイスを固定したポジションに維持してください。
  • デバイスは手で持ってください。

被験者

  • 測定中はずっと休憩していてください。
  • 電話を心臓の高さの心地の良い位置に保持してください。
  • iPhone ユーザー - 人差し指を使って、背面のフラッシュと背面カメラの両方を覆ってください。
  • Android ユーザー - 人差し指を使って、背面のフラッシュを覆わずに、背面カメラを覆ってください。
  • 適度な圧力をかけて指でカメラを覆ってください。
  • 測定中は指を動かさないでください。

環境条件

  • 測定は真っ暗な場所では行わないでください。

Screen_Shot_2022-01-27_at_20.16.40.png

 

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
共有

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。