Windows-新しいプロジェクトを構成する方法

新しいプロジェクトでSDKを使う

  • Visual Studio 2019をインストールします。
  • Binah_Windows_SDK_[バージョン番号].zipを解凍します。
  • Visual Studioで [新しいプロジェクトの作成] を選択します。プロジェクトの種類はWPFアプリ、ユニバーサル Windows (UWP)、コンソールアプリ、フレームワークは.NET Core (3.1、3,0) または.NET Framework (4.5 - 4.7.2) に対応しています。

mceclip0.png

  • 構成 (Debug\Release) とプラットフォーム (x64を推奨) を選択します。

  • 「参照マネージャー」ダイアログを開きます (.NET Frameworkプロジェクトの場合は [参照] を右クリック > [参照の追加]、.NET Coreプロジェクトの場合は [依存関係] を右クリック > [プロジェクト参照の追加])
  • [参照] をクリックしてSDKフォルダに移動し、Binah.WindowsSdk.Core.dllアセンブリを追加します。

mceclip1.png

  • .NET Frameworkプロジェクトの場合は、[アセンブリ] タブを開いて「System.Drawing」アセンブリを追加します(.NET Coreプロジェクトの場合は不要)。

mceclip2.png

  • 「ソリューション エクスプローラー」内で右クリックして [Nugetパッケージの管理] をクリックします。
  • 「Newtonsoft.Json」パッケージをインストールします。

mceclip3.png

  • UWPプロジェクト以外の場合は「Microsoft.Windows.SDK.Contracts」パッケージをインストールします。
  • HealthMonitorManagerを作成して、それを使用してセッションを作成します。詳しくはインターフェース仕様書の「共通フロー」セクションをご覧ください。
  • ソリューションをビルドします。[出力] を開いてビルドがエラーなく成功したことを確認します。
  • プロジェクトをビルドする際にSDKの.netアセンブリは自動的に出力フォルダにコピーされますが、ネイティブDLLは自動でコピーされません。プロジェクトを実行する前に出力フォルダに手動でコピーしてください。
    次のDLLをコピーします。(Binah.WindowsSdk.Algo.Interop.dll, libcrypto-1_1-x64.dll, opencv_core410.dll, opencv_dnn410.dll, opencv_imgproc410.dll, and vcruntime140_1.dll)
  • プロジェクトを実行します。

image-20201029-093802.png

 

既存のサンプルアプリプロジェクトを使用する (WPF)

  • Visual Studio 2019をインストールします。インストール中に「.NET デスクトップ開発」を選択します。

mceclip5.png

  • Unzip Binah_Windows_SampleApp_[バージョン番号].zipを解凍します。
  • Visual Studioでソリューションファイル「SampleApp.sln」を開きます。
  • 構成 (Debug\Release) とプラットフォーム (x64を推奨) を選択します。

mceclip6.png

  • ソリューションをビルドします ([ビルド] > [ソリューションのビルド])。[出力] を開いてビルドがエラーなく成功したことを確認します。
  • ソリューションを実行します (F5または [デバッグ] >[デバッグの開始])。

mceclip8.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。